BCP対策に欠かせない燃料の確保・貯蔵とは

災害時の燃料確保・貯蔵の重要性とは

大規模な災害は発生した時、会社の再生において燃料の確保はとても重要なBCP対策項目です。しかし、災害が発生してから燃料を確保するのはとても困難となります。緊急時には個人から会社まで大量の燃料が必要となり、備蓄燃料が枯渇する可能性が高く、会社の再生に必要な量の燃料はなかなか集めることができないのです。そのため、事前に緊急時に使用できる燃料を確保しておくことがBCP対策において非常に重要な課題となります。

燃料の貯蔵はどこにしておくの?

燃料を確保・備蓄する方法として多くの会社が採用しているのが地下に保管庫・保管タンクを作る方法です。地下に備蓄しておくことで災害で破壊される、津波などで流される心配がなく、また配送の必要もないためすぐに燃料を会社に供給することができるからです。しかし、備蓄タンクを設置する費用や、危険物取扱者の資格を持つなど、自社で燃料を備蓄しておくには多くの費用が発生します。そのため、中小企業などでは十分な燃料確保のBCP対策が取れないことも問題となっています。

燃料会社を利用して行う燃料確保・貯蔵方法

BCP対策が企業に浸透し始め、燃料の確保が重要視されていくにしたがって燃料会社の燃料備蓄サービスが注目を集めています。これは各地に燃料基地を持った燃料会社と契約することで燃料の備蓄や管理などを委託することができるサービスです。これを利用することで会社に危険物を置いておく必要がなくなり、緊急時にはスムーズな供給を受けることができるのでいち早く会社を復旧することができるようになるのです。連量会社は危険物に対して正しい知識の下で管理を行う、緊急車両に認定された車両で災害時に専用道路を走れるようにするなど燃料確保の安定の専門家なので安心してBCP対策に取り入れることができるでしょう。

BCP対策とは、災害時に行うことをあらかじめまとめておく対策のことを指します。これによって大災害や非常事態が起こった時にも、迅速に会社を復旧し、滞りなく業務を再開させることが可能となります。