塗料の選択肢は豊富!外壁塗装前の塗料の選び方

耐久年数の違いを念頭に入れて塗料を選択

外壁塗装を施工する前に、選ばなければならない事項がいくつかあります。一つにはどのような塗料を使いかという点にあります。塗料を選ぶ際の判断材料になるのが耐久年数の長さです。外壁塗装に用いられる塗料にはそれぞれ、耐久年数に大きな違いが存在します。例えばアクリル系の塗料は価格が安い代わりに田久年数が短いため、リフォームを行う期間が短い傾向にあります。一方でフッ素系の塗料を選んだ場合には、多少費用は掛かるものの20年近くは耐久性が持続するでしょう。

水性か油性かで別れる外壁塗装の判断

塗料の選び方には、水性と油性のどちらを使うかという選択肢もあります。これは塗料に含まれる溶剤の違いを表しているものなのです。塗料には水を溶剤として用いているものや、シンナーなどの有機溶剤を含んでいるものが存在しています。水性塗料は値段が安いため、外壁塗装の際の工事費を安くできるメリットがありますね。ただし耐久性を重視するなら油性塗料の方が向いているでしょう。また油性塗料は有機溶剤を含むため、外壁塗装の際に匂いが気になる点に注意しなければなりません。

耐久性や密着性に違いがある1液型と2液型の塗料

塗料の選択肢には1液型と2液型がある事を知っていると、外壁塗装時に役立つかもしれませんね。1液型の塗料は、外壁塗装の際に特別な準備を必要とせず、そのまま塗装に用いる事ができるタイプに該当します。扱いやすいため、外壁塗装の現場でもよく使われています。一方で2液型の場合、扱いは面倒ではあるものの耐久性や下地への密着性に優れているメリットがあります。そのため耐久性重視なら、多少面倒でも2液型の塗料を外壁塗装に持ちいた方が向いているでしょう。

外壁塗装の遮熱塗料は、夏のシーズンに快適な生活を過ごすうえで、欠かせないものとなっており、塗料の耐久性や安全性などに着目をすることが良いでしょう。